ディスペンサーにはどんな特徴があるのかを知ろう

男性

BEMSを導入したビルのエネルギー管理のメリット

BEMSは単なる省エネシステムではなく、地球規模での環境保全に欠かせない管理システムと言われています。企業にとって直近のメリットは、無駄な消費電力削減によるコストカットでしょう。でも本来は地球環境を守るためのとても重要なシステムと言えます。

男性

ディスペンサーの使用で作業も楽に!液体の定量吐出に対応できる

製造現場で、ディスペンサーを使用する企業が増えています。手作業に比べ吐出量そのものを、正確にコントロールする事が可能です。材料の無駄を極力削減出来る事から、生産性の向上へと繋がるものと期待されています。

男女

BEMSでエネルギー管理はどう変わる?企業にもたらす影響

ビルの省エネにBEMSは非常に役立ちます。感覚ではなく数値で判断をしてくれるので、客観的なエネルギー管理が可能です。人がいることも感知するので、空調の管理なども感覚でなく必要に応じて必要なだけ、供給することが可能になります。

手

ディスペンサーを選ぶときのポイント~活用しやすいものを選ぼう~

製造工場において、ディスペンサーと呼ばれる液剤定量吐出装置は、作業の効率化を図るために大変便利な機器です。使用する液剤や、目的に合った機能が付加したディスペンサーを選ぶためにも、多くの種類が取り揃えてあるサイトを利用することが大切です。

男女

地球温暖化対策にも効果的!BEMSが注目されている理由

BEMSを導入することにより、省エネが可能となります。それは、事業者にとって、電気料金などの削減につながります。さらに、省エネを実現することにより、CO2削減ひいては環境負荷の低減にもなるのです。

クチコミ

システム

ディスペンサーを使用している人の声を聞いてみよう

ディスペンサーを導入すると、液剤の無駄がなくなり、コスト面でもメリットがあります。作業者の費用や負担が軽減され、生産効率も上がるでしょう。狭い作業スペースにも置けるコンパクトなタイプもあります。

コスト削減にも繋がる!ディスペンサーのメリット

接着剤やコーティング剤といったものを一定量吐出することを可能にしたのがディスペンサーです。このディスペンサーがあることで、作業効率アップが期待できるようになっています。以前までは、液体材料を塗装する時には全て手作業で行うことが一般的でした。ですから、多少のバラつきが出ることは当たり前だと考えられていました。このような、バラつきがあることによって引き起こされるトラブルも少なからず起きていたのです。しかし、ディスペンサーが出てきたことで精度の高い作業が可能となっているといえるでしょう。また、一定量を吐出できるので液体材料を無駄にすることがなくなるという効果も得られます。液体材料を無駄にしないことからコスト削減にも繋がるのです。これらのメリットを得られるようになったことからディスペンサーを使うことが増えています。他に、どんなメリットがあるのかを知るために、実際にディスペンサーを使用している人の口コミを確認しておいて下さい。