スピーディーに悩み解消|気になるならほくろ除去で取っ払おう

二重瞼手術の魅力

美容整形

手術のリスク

ナチュラルな二重瞼になれるのが美容整形の埋没法です。メスを使わないで行なう二重瞼の埋没法は、プチ整形として大変人気です。ただし、メスを使わないといっても大事な体をいじることには変わりはないので、リスクも存在します。埋没法の美容整形には、腫れが長引く、内出血が出る、元に戻るなどの欠点があります。腫れは大なれ小なれ必ず出ます。長いと2週間以上腫れる場合もありますが、ほとんどの人は一か月もすれば自然な瞼に戻ります。内出血が出た場合はメイクでカバーできます。ただし、メイクを濃くするとクレンジングが負担になります。クレンジングでゴシゴシ瞼をこすってしまうと、埋没法が元に戻ることがあるので注意が必要です。

切る手術と切らない手術

二重瞼を作る美容整形には、大きく分けると切る手術と切らない手術の二つがあります。切らない手術が埋没法です。医療用の目には見えないほど細い糸を瞼に埋めこみ、二重瞼を形成する美容整形です。抜糸は必要なく、手術は約20分くらいで終わります。手術費用が安く、両目5万円ほどからできます。埋没法とは違って瞼を切開するのが切開法や部分切開法です。どちらもメスを瞼に入れ、縫合して瞼にひだを形成します。埋没法の場合は瞼の脂肪はとれませんが、切開する手術なら余分な脂肪を除去できます。もともと奥二重の人は、余分な脂肪を取り除いただけで二重瞼になる場合もあります。切開法や部分切開法手術は20万円〜30万円ほどで受けられます。